MUPウサギクラス

MUP Week5

まいどおおきに。TomTomです。

MUP Week 5 学んだこと
マインドセット

結論:誰かを幸せにしたいはうわべだけの人の言葉

人を幸せにしたいは捨てろ。まずはキャッシュをとにかく生み出せ

今の段階、つまり私であればMUPで学んでいる段階においては、

社会を幸せにする。ということよりも、キャッシュを生み出すことが重要である。

前澤さん、堀江さんもスタートは皆、儲けファースト主義でした。

なぜ、今の段階では社会貢献ではなく、

キャッシュを生み出す方が重要であるかを見ていきましょう。

3種類の収入の種類

収入には大きく3つの種類がある

TIM(Time is Money)

月給:サラリーマン

労働時間に対して所得は少ない

見込み残業・通勤時間など、使った時間と比較して少なくなりがち

時給:アルバイト・弁護士・コンサルタント

使った時間に対してお金をもらう

どちらも、使った時間に対してお金をもらうことは共通しています。

ではこれらが、RIMに変わる条件はなんでしょうか?

それは報酬がでるときです。

RIM(Result is Money)

月給+報酬:副業・インセンティブありのサラリーマン

自分の給与+自分が結果を出したときに報酬をもらう。

報酬:フリーランス

結果がお金に変わる。コンサルの成功報酬やシステム開発など

仕組み:経営者

自分の労働時間は少ない。労働は人に任せて仕組みを作り収入を得る。

KIM(Knowledge is Money)

資産:資産家・投資家

お金を他人に任せて収入を得る。

労働時間は経営者よりもさらに少ない。

多くの人はTIMやRIMの時に、社会貢献をしたいといいます。

でも、この段階では人を幸せにするのに、時間もお金もない状態であり、人を幸せにするということには、理にかなっていない。

人を幸せに出来る瞬間は、経営者・投資家になったときは、実際に時間もお金もある状態であり、その時に社会貢献は考えればいいということです。

自分の幸せはお金じゃない人もいる、でも人への幸せはお金も重要

人々を幸せにする最も効率的な方法は、時間的に金銭的に自分が成功すること

そうすると、幸せにできる規模が変わってきます。

私は社会に貢献したい、人々を幸せにしたい。

その考えそのものは素晴らしいものだと思います。

でも、竹花さんのおっしゃる通り、まずは自分が成功することが重要だというのは納得できました。

ちなみに私の場合ですが、自分の事しか考える余裕はありません。。

社会とか人々とかではなく、自分と家族を養うために頑張る毎日です。

今は典型的なTIM(Time is Money)層ですが、RIM(Result is Money)層に上がれるよう

日々奮闘中です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

2020年7月24日現在更新の発表によると、

ウサギさんクラス生徒は18093人を突破!したそうです。

興味のある方は公式サイトのリンクを貼っておきますので参考にしてください。

https://www.takakitakehana.com/mup

次回はMUP WEEK 6の内容について話します

ではでは、TomTomでした。

RELATED POST