MUPウサギクラス

MUP Week2

まいどおおきに。TomTomです。

スピード感が大事なので、ざっと書きましたので誤字・脱字あれば申し訳ないです。

後でしっかり見直しますね。

MUP Week2 学んだこと
未来把握

結論:ホワイトカラーのリストラ時代

ホワイトカラー=サラリーマン

サラリーマンのリストラ時代がやってきます。

国や企業は皆さんと皆さんの家族を守ってくれません。

自分だけが頼りの時代です。

なぜでしょうか?国や企業がはっきりとそういってるからです。

国は「定年雇用努力」義務化

民間企業に従業員を70歳まで雇用する努力をしなさい。と民間企業に面倒を押し付けてます。

国の「老後年金発言」

老後には3000万円必要だ。という発言が話題になりましたね。

つまり、将来、年金は払えないということです。

企業のトップが「終身雇用は無理」と発言

企業のトップとはトヨタの社長や経団連会長の発言です。

終身雇用は私の父や母の時代の発想ですね。

私は40代ですが、大学に行き、名前のある企業に就職することが将来の安定と刷り込まれてきた世代です。

洗脳にも近い感じでずっと刷り込まれてきた。

育った環境って恐ろしいですよね。

親や周りを怨むわけではなく、今まで何もしてこなかった自分を悔やんでいます。

日系企業が外資系企業の経営方針にシフト

スキルがないとクビ、結果を出せないとクビということです。

私はシステム会社に所属してますので、どっちかというと外資系企業に近いです。

この状況で、人生には結婚・育児・住宅・介護など様々なイベントがありますが、

国や企業に頼れない状況で、自分でスキルをつけていくという、意識や覚悟が必要です。

高齢化による肩車時代

ご存知の通り、少子高齢化で若い人たちが年寄りを支えてる状況です。

その状況で3000万自分で貯めろとか・・・無理ですよね。。

外国人雇用

日本人の価値は低くなる。

企業からすると、日本人は面倒というのが正直なところらしい。

コンビニや工場は外国人で溢れていますよね。

雇用理由は賃金が安いだけと思ってたのですが、

日本人はブラック企業だ、パワハラだ、セクハラだ、モラハラだ、

と確かに最近面倒ですよね。

私の会社にも外国人がいますが、とてもよく働きます。気持ちよく仕事を受けてくれます。

彼らが日本にいる目的の多くは「働きにきている」からです。

正直、ここ最近の私の周りの部署の人よりも覚悟が違います。

海外展開が急速に

日本の高齢化問題により消費が落ちこみます。

おじいちゃん、おばあちゃんになるとお金使わないですよね?

経営者側からすると、日本の市場が狭くなり、企業が海外へ進出したい。

グローバル人材の不在

企業が海外に進出するには、グローバル人材が必要です。

グローバル人材=通訳ができる。ということではありません。

企業、組織での「仕組み」を考えられるのがグローバル人材です。

グローバル人材ですが、日本人は圧倒的に不足しています。

何故でしょうか?

それは日本の教育に問題がありました。

前にならえ教育で、レールの敷かれた決まった道を進むのが良い。

と教えられてきました。その結果、自身で考える力が不足し、

「仕組み」を作れる人が日本人には不足してる。

不足してるなら、外国人のグローバル人材を雇えば良いという発想です。

外国人に仕事を奪われ、日本に仕事がなくなり、日本人が海外へ出稼ぎに行く。

そんな未来はそう遠くないかもしませんね。

AIの台頭

自動化、効率化がどんどんと進み大量解雇がやってきます。

株主からすれば、企業の人材なんかどうでもいい。

効率よく結果が出ればそれでよいのです。

効率よく結果を出すために、自動化できるものはどんどん自動化へと進みます。

株主にとっては皆さんや家族になんて情はない。会社ってそういうもんなんですね。

最後に

こういった未来をしっかり把握した上で、「スキル」をつけるというのがより重要となってきます。一緒に頑張りましょう!

2020年7月15日現在更新の発表によると、

ウサギさんクラス生徒は18055人を突破!したそうです。

現在はウサギさんクラスの募集はストップしてますが、毎月定期的に募集をかけてる状態のようですね。入りたい方は募集がかかるまで待ちましょう。

興味のある方は公式サイトのリンクを貼っておきますので参考にしてください。

https://www.takakitakehana.com/mup

次回はMUP WEEK 3の内容について話します

ではでは、TomTomでした。

RELATED POST